事業賠償保険、自動車(社有車)保険、医療保険、介護保険、海外旅行保険、火災保険や環境活動の日本シンクタンク

各業界のリスクについて

ますますリスクヘッジが増大。注目を集めるIT事業者向けの賠償責任保険

IT化の進展の裏側で、企業が抱えるITリスクが大きく膨らんでいます。ITベンダ、ユーザー企業ともにITセキュリティやIT事故対策に力を注いでいるが限界もあります。そこで注目されるのが「IT保険」です。

IT事業者向け賠償責任保険の特長

  • システム・ソフトウェア(コンピュータプログラム)正式使用後
    30日以内に起きた損害賠償請求もカバー!
  • ユーザーから預かったデータを消去してしまった場合に、
    IT事業者(被保険者)自身が負担する復元費用をカバー! 
  • 再作成費用などIT事業者(被保険者)が負担する費用を
    一定金額を限度に補償!(復旧対策費用特約)
  • 過去に行った業務も補償対象!
    (ただし保険加入時に事故およびそのおそれがない場合のみ)

さまざまな事故例に対応できます。

システム開発(システムインテグレーション、ソフトウェア開発、HP作成等を含む)

IT事業者が開発した物流システムにバグがあり、顧客のビジネスが止まってしまう。顧客よりその間の休業損害および復旧に要した超過人件費や臨時に手配した倉庫やレンタカー代を損害賠償請求される。

システム保守(インターネットホスティング、ハウジングなどを含む)

顧客のシステムを管理していたIT事業者が誤って顧客のデータを削除してしまった。顧客が復旧に要した超過人件費やその一部を外注した費用を損害賠償請求される。

アプリケーションサービスプロバイダ(ASP)

電子商取引を行う顧客の決済システムをIT事業者のミスにより止めてしまう。顧客より決済システム停止による逸失利益を損害賠償請求される。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)

ドメイン登録、ポータルサイト運営などIT事業者がインターネット接続用のサーバーをメンテナンスする際、誤ってサーバーをダウンさせてしまう。ネットワークを利用出来なくなった企業より休業損害を請求される。

ネットワークセキュリティサービス

企業のネットワークセキュリティ診断の際に、保存データを全て消去してしまう。この企業からデータを再作成するために要した費用を損害賠償請求される。

インターネットモール運営

インターネットモール運営事業者がサーバーメンテナンスの際に誤ってシステムをダウンさせてしまう。当該モールに出店している企業からこの間の休業損害について損害賠償請求される。

ビデオ・オンラインゲームの開発・運用

開発したオンラインゲームのストーリーが某アニメに似ているとして著作権侵害による損害賠償請求をされる(知的財産権特約を付帯した場合に補償されます。)

その他のITサービス

顧客に派遣したIT技術者のミスにより、顧客サーバー内のデータを消去してしまう。顧客よりこの間の休業損害を損害賠償請求される。

06-6282-6488/フォームでのお問い合わせはこちら!

page top